研究

概要

電子の自転に相当する角運動量「スピン」が生み出す物性は多様であり、それを探求する研究は「スピントロニクス」という分野を確立しました。さらに最近では、電子のスピンと運動量を結合する「スピン軌道相互作用」が誘起する物性研究が活発化しています。
 林研究室では、原子層レベルで制御した薄膜ヘテロ構造を舞台に、スピンと光が絡む物理に関する研究を行っています。トポロジカル絶縁体やワイル半金属など、スピン軌道相互作用が大きい特異な物質系において、スピン、フォトン、マグノン、フォノンの対話から新たな物性を開拓し、将来的に量子情報技術に展開できる物理の研究を推進しています。



最近の研究テーマ